2022年度冬のLAシンポジウム(京都)に参加しました

交通に影響が出ないレベルに雪が積もっていて,とても風流な京都が味わえました. (一週間前だったら大変だったかもしれませんね) コロナの影響で,実はこれまで直接会っていなかった研究室メンバーとも直接会えたり, 同年代の Dの学生とも出会えたりと楽しく過ごせました. 儀間は Algorithmic Meta-Theorems for Combinatorial Reconfiguration Revisited について発表しました.

2月 3, 2023

ISAAC 2022で "Extended mso model checking via small vertex integrity" について発表しました.

以下の論文について,ISAAC2022 (韓国) で発表しました. ESA2022に続いて人生で2度目の国際会議参加でした. Tatsuya Gima, Yota Otachi. Extended MSO Model Checking via Small Vertex Integrity. The 33rd International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC 2022). Korea. LIPIcs, 248, pp. 20:1–20:15, 2022, Dec. [📖doi link][📝arXiv] 内容としては,それなりに(計算理論的に)難しいような最適化問題であっても, ある程度疎で特殊なグラフ(vertex integrity というものが小さいグラフ)であれば, 高速に解けること (FPT) を示したものです. (小野先生と上原先生に写真を取っていただきました.ありがとうございます.)

12月 19, 2022

JCCA-DMIA-2022のミニシンポジウム「組合せ遷移」で "Algorithmic Meta-Theorems for Combinatorial Reconfiguration Revisited" について発表しました.

8月 17, 2022

ESA 2022に, "Algorithmic Meta-Theorems for Combinatorial Reconfiguration Revisited" が採択されました.

6月 22, 2022

"Algorithmic Meta-Theorems for Combinatorial Reconfiguration Revisited"について,最適化手法とアルゴリズム (SOMA) —未来を担う若手研究者の集い 2022— (東京大学)で発表しました.

6月 12, 2022